ことぬきの適当な日記帳

趣味を淡々と垂れ流すブログ

ワンパンマルチ

現在絶賛キャンペーン中のグランブルーファンタジーでは、強い敵の召喚やそれを助けるための費用が期間限定で半額になっており、騎空士(ユーザー)たちは己の欲望を満たそうと全力で狩りを楽しんでいた。

そんな中、強い敵を召喚する側の騎空士たちはある悩みを抱えていた。

 

それは、『ワンパン』である。

 

ワンパン、救援にきた騎空士がワンアクションを行い放置するという行為、それが半額という少ない消費ですむ現状では通常時よりも爆発的に増え、敵の種類によっては討伐が成功しないという自発側も救援側も得をしない最悪の事態が増え続けているのである。

「救援とは助けてもらうことであり、放置などただの悪だ」

確かに、そうである。それは真実だ。

だが、ワンパンのメリットがデメリットを凌駕しているのもまた、このイカれた状況が拡大している理由でもあるのだ。

 

【メリット】

・白兎、カグヤといったドロップup加護がついた石を気兼ねなく装備することができる

・時短

・泥が渋くても精神的に楽

 

【デメリット】

・失敗することがある

・晒される

 

つらつらと挙げてみたが、正直、時間に追われる現代人である騎空士が修羅のごときワンパンに走るのは、残念ながらデメリットが増えたとしても止めることは不可能だろう。

MVP、準MVPをとれば赤箱(普通の箱よりも良いものが入っている確率が高いグレートな箱)を得たり、または金箱が一つ多くなったりはするが、それも1戦闘に2名という限りなく少ない枠であり、自分の腕に自信のある強者以外は、この時点でやる気が無くなるのも致し方ない真実である。

 

ここまで書いたが、結局はワンパンをするかしないかは騎空士たち個人個人の勝手であり、ゲームのシステム上こうなるのは仕方がないため、とりあえず運営がなんとかしろと思うばかりである。実際、運営もこれにはいろいろと考えることがあったのか、対策はすると発表している。それが早急に行われることを騎空士一個人として、筆者は強く願っている。

f:id:kotonuki:20170203033725p:plain